A film by TOCHKA

Japan | 2012 | color | HDCAM | 16:9 | stereo | 5’30 | animation, experimental
Music | U-zhaan, Peace-K

After the Great East Japan earthquake and tsunami of March 11, 2011, I witnessed many changes. Towns were lost in a moment. Children living in Fukushima couldn’t go out and play freely.
This work was made from the pictures drawn in the landscapes of parts of Japan. Using the reflection of sunlight, we tried to capture people’s emotion for “energy”.

FESTIVALS | selected
2014 New Chitose Airport International Animation Festival, Japan
2014 Flatpack Festival, UK
2013 INVIDEO, Italy
2013 Indie Cork a festival of independent cinema, Ireland
2013 International Animation Festival of Brazil, ANIMA MUNDI, Brazil
2013 Minimalen Short Film Festival, Norway
2012 LIAF: London International Animation Festival, UK

______________________________

トーチカ監督作品

日本 | 2012 | カラー | HDCAM | 16:9 | ステレオ | 5分30 | アニメーション、エクスペリメンタル
音楽|U-zhaan, Peace-K

2011年3月11日の東日本大震災の後、一瞬にして失われた風景や外に出て自由に遊­ぶことが許されない福島の子供たちなど、多くの変化を目の当たりにした。降り注ぐ太­­陽の光で「エネルギーに対する想い」を日本各地の風景に載せて描いた写真を紡いだ。

映画祭履歴 | 抜粋
2014 新千歳空港国際アニメーション映画祭(日本)
2014 フラットパック国際映画祭(イギリス)
2013 インヴィデオ国際映画祭(イタリア)
2013 インディコーク:国際インディペンデント映画祭(アイルランド)
2013 アニマムンディ映画祭(ブラジル)
2013 Minimalen国際短編映画祭(ノルウェー)
2012 LIAF:ロンドン国際アニメーション映画祭(イギリス)

Share